• 生協総研のミッション&ビジョン
  • 維持会員制度のご案内
  • 生協研究資料データベース
  • 調査データ
  • 生協総研賞
  • アジア生協協力基金
  • 「生協社会論」講座
  • BDHQ_Webシステム

〒102-0085
東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F
TEL:03-5216-6025
FAX:03-5216-6030
ccij@jccu.coop

  • 研究所の概要
  • 研究活動
  • 助成・表彰事業
  • 刊行物情報

刊行物情報

刊行物の購入方法

『生活協同組合研究』『生協総研レポート』など、各種刊行物の購入についてはこちらをご覧下さい。

生活協同組合研究

2月号 Vol. 541
特集 : 認知症高齢者の生活支援──資産管理をめぐる課題と支援体制──

 日本は世界でもトップクラスの長寿社会となり、人生100年時代が来たと言われるようになった。長寿は喜ばしいことだが、加齢に伴う認知機能の低下にどのように対応するか、人々の共通の課題となってきた。60歳以上の男女を対象にした調査では、「自分や家族の健康や病気」と「生活資金の確保」が老後の2大不安としてあげられている。厚生労働省によると、認知症患者は2030年に800万人を超えると推計され、その金融資産は100兆~200兆円になると見込まれている。
 本号では「認知症高齢者の生活支援」をテーマに、加齢に伴う認知機能の低下、高齢者の資産管理をめぐる問題、認知症の人の支援体制に焦点を当て、論稿を特集した。
続きはこちら»

(小塚和行)

主な執筆者:駒村康平、樋山雅美、成本 迅、上山 泰、八谷博喜、吉原 毅、五十嵐恭子、仙田みどり、井上文栄、佐々木肇

バックナンバー

生協総研レポート

No.93 (第3期)生協論レビュー研究会(中)

 本報告書は、2019年2月に始まった(第3期)生協論レビュー研究会から刊行した「(第3期)生協論レビュー研究会(上)」『生協総研レポート』No.91、2020年2月、の続刊となります。

詳しくはこちら

バックナンバー

その他の刊行物:報告書、単行本

新刊のご案内
過去の単行本・報告書はこちら