• 生協総研のミッション&ビジョン
  • 維持会員制度のご案内
  • 生協研究資料データベース
  • 調査データ
  • 生協総研賞
  • アジア生協協力基金
  • 「生協社会論」講座
  • BDHQ_Webシステム

〒102-0085
東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F
TEL:03-5216-6025
FAX:03-5216-6030
ccij@jccu.coop

  • 研究所の概要
  • 研究活動
  • 助成・表彰事業
  • 刊行物情報

刊行物情報

刊行物の購入方法

『生活協同組合研究』『生協総研レポート』など、各種刊行物の購入についてはこちらをご覧下さい。

生活協同組合研究

5月号 Vol. 544
特集 : 健康でありたいという願いによりそって

 生協総合研究所「人生100年時代における健康づくり研究会」は、2020年3月、問題提起「健康でありたいという願いによりそって~広げる、つなげる、生協ならではの健康づくり」(以下、「問題提起」)を取りまとめた。本特集のテーマはこれに由来しており、SDH(健康の社会的決定要因)、ヘルスリテラシー、行動変容、食と健康に関連した論稿を揃えている。
 近藤克則氏には、健康格差が生まれるメカニズムを検討し、「原因の原因」である社会環境をかえることで、暮らしているだけで健康になる人を増やす「ゼロ次予防」の可能性と、生協なら取り組める具体例を提示いただいた。
続きはこちら»

(中村 良光)

主な執筆者:近藤克則、中山和弘、横山啓太郎、中村育子、山内明子、馬場康彰、二村睦子、前田かおり

バックナンバー

生協総研レポート

No.95 健康でありたいという願いによりそって

 生協総合研究所「人生100年時代における健康づくり研究会」は、問題提起「健康でありたいという願いによりそって~広げる、つなげる、生協ならではの健康づくり」を2020年3月に取りまとめ、報告書として『生協総研レポート』No.95を刊行しました。

詳しくはこちら

バックナンバー

その他の刊行物:報告書、単行本

新刊のご案内
過去の単行本・報告書はこちら