• 生協総研のミッション&ビジョン
  • 維持会員制度のご案内
  • 生協研究資料データベース
  • 調査データ
  • 生協総研賞
  • アジア生協協力基金
  • 「生協社会論」講座
  • BDHQ_Webシステム

〒102-0085
東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F
TEL:03-5216-6025
FAX:03-5216-6030
ccij@jccu.coop

  • 研究所の概要
  • 研究活動
  • 助成・表彰事業
  • 刊行物情報

刊行物情報

刊行物の購入方法

『生活協同組合研究』『生協総研レポート』など、各種刊行物の購入についてはこちらをご覧下さい。

生活協同組合研究

12月号 Vol. 551
特集 : さらなる電力市場改革の必要性─2050年カーボンニュートラル実現に向けて─

 わが国は「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現をめざすこと」が、第203回臨時国会での菅内閣総理大臣(当時)の所信表明演説(2020年10月26日)で宣言され、2021年4月には、2030年度の温室効果ガス削減目標(2013年度比)を46%減とする方針も表明された。一方で、2020年から2021年にかけて、容量市場の高すぎる初回約定価格(2024年度分)や電力需給ひっ迫に伴う市場価格高騰(2020年度冬期)といった生協の電力小売事業にも影響を与えかねない問題が発生した。
続きはこちら»

(中村 良光)

主な執筆者:西田裕子、高橋 洋、長山浩章、山家公雄、髙橋怜一、鈴木友和

バックナンバー

生協総研レポート

No.95 健康でありたいという願いによりそって

 生協総合研究所「人生100年時代における健康づくり研究会」は、問題提起「健康でありたいという願いによりそって~広げる、つなげる、生協ならではの健康づくり」を2020年3月に取りまとめ、報告書として『生協総研レポート』No.95を刊行しました。

詳しくはこちら

バックナンバー

その他の刊行物:報告書、単行本

新刊のご案内
過去の単行本・報告書はこちら