刊行物

 生協総合研究所は、生協の発展と人々の暮らしの向上に資する研究・調査を行い、その成果を刊行し、デジタルアーカイブと紙媒体で提供しています。

生活協同組合研究

 当研究所の研究誌として月1回刊行しています。当研究所から会員へのお知らせも掲載しています。

 本誌をお読みになってのご感想やご意見を「読者の声」としてご投稿ください。特集テーマに関連する取り組みやご自身の研究内容等もご紹介いただけますと幸甚です。詳しくはこちらをご覧ください。

2024年2月号 Vol. 577
特集:消費者への情報提供とコミュニケーションの在り方を考える

 本特集では、消費者への情報提供とコミュニケーションをテーマとしている。なお、コミュニケーションというと双方向的な性質を持つものも考えられるが、本特集ではどちらかといえば、企業から消費者へという一方向の性質のものを想定している。
 消費者への情報提供やコミュニケーションが重要になっている背景として、2022年以降、食料を含めた様々な財の物価が急激に上昇していることが挙げられる。2020年平均を100とした場合の食料の消費者物価指数は、2022年1月時点では102.0であったが、公表されているうち最も直近の2023年11月時点では115.6となった。生協については、元々「価格が高い」というイメージが持たれやすい傾向があることもあり、物価上昇への対応を含め、生協の商品やサービス、取り組みの価値を組合員、そしてまだ未利用の消費者に丁寧に伝えていくことが、より一層重要になってきている。

(宮﨑 達郎)

主な執筆者:田部渓哉、小林聖和、西尾チヅル、高山美和、小泉 望、宮﨑達郎

バックナンバー