• 生協総研のミッション&ビジョン
  • 維持会員制度のご案内
  • 生協研究資料データベース
  • 調査データ
  • 生協総研賞
  • アジア生協協力基金
  • 「生協社会論」講座
  • BDHQ_Webシステム

〒102-0085
東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F
TEL:03-5216-6025
FAX:03-5216-6030
ccij@jccu.coop

  • 研究所の概要
  • 研究活動
  • 助成・表彰事業
  • 刊行物情報

研究活動

常設研究会 ― 生協共済研究会(第10期) 第1回報告 ―

○ 開催日時
2015年4月20日(月) 15:00~17:30
○ 開催会場
プラザエフ5階 会議室
○ 参 加 者
18名 (委員8名、オブザーバー5名、事務局5名)
テーマ
報告者 :
田渕 英治(株式会社読売新聞東京本社 編集局生活部次長)
テーマ:
「メディア視点からの共済」

事務局報告「2014年度の振り返りと2015年度企画案について」
  委員よりの報告

概要
  1. 報告 「メディア視点からの共済」
    読売新聞東京本社 編集局生活部次長 田渕英治氏より「メディア視点からの共済」と題して、1)メディアにおける共済の取り上げられ方、2)記者の目には保険と共済の違いがどう映っているのか、3)記者視点では共済のメリットやデメリットをどう感じているのか、4)共済団体への要望、といった点についてお話をいただいた。メディアが伝える視点というものは、消費者に与える印象に大きく影響するものであり、その点を認識するうえで非常に良い機会となった。
  2. 事務局報告
    事務局より2014年度研究会の振り返りおよび2015年度の計画案について説明を行った。
  3. 委員報告
    新年度入りということで、異動のあった委員および事務局の新メンバー紹介を行った。また、3月の欧州調査に参加した三委員より簡単な感想を述べてもらい、次々回以降の研究会にて詳細報告を行う旨の確認を行った。