• 生協総研のミッション&ビジョン
  • 維持会員制度のご案内
  • 生協研究資料データベース
  • 調査データ
  • 生協総研賞
  • アジア生協協力基金
  • 「生協社会論」講座

〒102-0085
東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F
TEL:03-5216-6025
FAX:03-5216-6030
ccij@jccu.coop

  • 研究所の概要
  • 研究活動
  • 助成・表彰事業
  • 刊行物情報

研究活動

常設研究会 ― 市民活動支援研究会 第3回報告 ―

○ 開催日時
2022年11月28日(月)14:00~16:30
○ 開催会場
オンライン開催
○ 参 加 者
10名(委員5名、オブザーバー3名、報告者1名、事務局1名)
テーマ

報告者:北川勝之 氏(パルシステム東京 組織部主任)
テーマ:「パルシステム東京市民活動助成基金について」

概要

 前回に引き続き、生協による市民活動助成の事例報告として、パルシステム東京市民活動助成基金についてパルシステム東京組織部の北川勝之さんから報告をいただいた。パルシステム東京では事業剰余金を原資とし、誰もが安心して暮らしていける社会と地球環境をめざす自主的な市民活動へ資金面で助成・支援する制度として市民活動助成基金を運用している。報告では助成の目的や特徴、運営委員会の役割、選考の考え方などのほか、組合員からの反応や今年度の応募傾向、助成終了後のつながりづくり、今後の課題など、パルシステム東京市民活動助成基金について幅広く紹介いただいた。
 報告を受け、運営委員の選び方や助成対象の選考方法、申請時の支援、職員のノウハウの継承、活動報告の状況、運営委員による助成団体訪問、パルシステム東京の地元組織との連携など運営の実際を中心に質疑が行われた。また、進捗や成果の評価、経理を含む報告の方法などが重要な論点として浮かび上がったほか、前回議論になった、共益組織である生協が公益的な助成活動を行うことの意義についても、中間支援組織ではなく生協が取り組む意味や組合員の理解をめぐって議論が行われた。

 次回は1月の中下旬をめどに開催し、コープみらい社会活動財団の事例を報告いただく予定。