• 生協総研のミッション&ビジョン
  • 維持会員制度のご案内
  • 生協研究資料データベース
  • 調査データ
  • 生協総研賞
  • アジア生協協力基金
  • 「生協社会論」講座

〒102-0085
東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F
TEL:03-5216-6025
FAX:03-5216-6030
ccij@jccu.coop

  • 研究所の概要
  • 研究活動
  • 助成・表彰事業
  • 刊行物情報
  • ホーム
  • 研究活動
  • 公益財団法人生協総合研究所 2022年度第1回公開研究会 (第3期)生協論レビュー研究会から~協同組合と社会構想~

研究活動

公益財団法人生協総合研究所 2022年度第1回公開研究会
(第3期)生協論レビュー研究会から~協同組合と社会構想~

○ 開催日時
2022年4月25日(月)14:00~16:35
○ 開催形態
Zoomミーティングによるオンライン開催
○ 会場
プラザエフ5階会議室
○ 参加者
54名
プログラムと報告者
報告①
石澤香哉子 氏(一般財団法人地域開発研究所 研究員)
「労働者協同組合法法制化運動の流れと論点の整理」
報告②
香西 幸 氏(明治大学大学院商学研究科博士後期課程退学)
「ワーカーズ・コレクティブにおける『コミュニティワーク』概念の形成過程」
報告③
久保ゆりえ 氏(明治大学商学部 助教)
「生協は介護保険制度の創設をどう認識していたか─制度づくりへの参加に着目して─」

趣旨説明・座長 原山浩介(日本大学法学部 教授)

概要

 本公開研究会では日本大学教授の原山浩介座長の進行のもと、2022年2月に刊行された『生協総研レポート』No.96「(第3期)生協論レビュー研究会<下>」のなかから、3つの論考について著者から報告をいただいた。

 第1報告では地域開発研究所研究員の石澤香哉子さんから今年10月に施行される「労働者協同組合法」の法制化運動について、1980年を起点としてその経過をたどっていただいた。

 第2報告では明治大学大学院に所属されていた香西幸さんから、同じく1980年代に遡ることができるワーカーズ・コレクティブをめぐり、主に1990年代の神奈川における原則改定の議論に焦点を当て、「コミュニティワーク」をめぐる議論を紹介いただいた。

 第3報告では明治大学助教の久保ゆりえさんに、介護保険制度の創設期に、特に生活協同組合のなかでどのような議論がなされたのか、その議論の内容や意義について検討いただいた。

 各報告によって、高齢化時代を迎えるなかで、その強弱はありながらも「介護」という課題が前景化し、コミュニティや労働というテーマが協同組合運動のなかで主題化されていった1980年代から90年代にかけての時代状況が明らかになった。参加者からも多くの質問がなされ、質疑の中でそれぞれの論点が補強されるとともに、現代と当時の共通しているテーマやこの間の生じた変化などが浮き彫りにされた。