• 生協総研のミッション&ビジョン
  • 維持会員制度のご案内
  • 生協研究資料データベース
  • 調査データ
  • 生協総研賞
  • アジア生協協力基金
  • 「生協社会論」講座
  • BDHQ_Webシステム

〒102-0085
東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F
TEL:03-5216-6025
FAX:03-5216-6030
ccij@jccu.coop

  • 研究所の概要
  • 研究活動
  • 助成・表彰事業
  • 刊行物情報
  • ホーム
  • 研究活動
  • 公益財団法人生協総合研究所 2021年度第1回公開研究会 各国における新型コロナウイルスと生協の対応

研究活動

公益財団法人生協総合研究所 2021年度第1回公開研究会
各国における新型コロナウイルスと生協の対応

○ 開催日時
2021年4月28日(金)14:00~16:30
○ 開催会場
ウェビナー形式での配信
○ 参加者
54名
プログラムと報告者
報告 ①
天野晴元(日本生協連・国際部部長)「英国とイタリアの状況を中心に」
報告 ②
鈴木岳(生協総研)「スイスとスペインの状況を中心に」
報告 ③
姜星俊(日本生協連・国際部)「韓国の生協とCOVID-19」
報告 ④
山崎由希子(生協総研)「カナダにおける新型コロナウイルス問題と政府・生協の対応」
報告 ⑤
小塚和行(元生協総研)「協同組合・相互扶助の保険組織のCOVID-19への取組」

及び質疑応答(25分)

概要

 まず本研究会の趣意・概要説明がなされた。その後、天野晴元氏(日本生協連・国際部部長)からはCOVID-19禍のなか、英国では買いだめ防止がスーパー連名でよびかけられ、生協では学校やフードバンクの支援がなされたこと、イタリアの生協では生活困窮世帯支援や10%価格割引、募金活動や労働者協同組合との協同などが紹介された。

 鈴木はミグロとコープについて、ミグロの買い物弱者支援「アミーゴス」の取組みや、職員の奮闘と不安、マスクをめぐる対立、エロスキとコンスムの店舗対応とフードバンク支援、フィンランドSグループの若干を示した。

 マレーシアに出向中の姜星俊氏(日本生協連・国際部)からは、韓国の各種協同組合のCOVID-19への対応が示された上で、4大生協であるハンサリム、iCOOP、幸福中心、ドゥレの取組み、および大学生協連の対応も紹介された。

 山崎由希子(生協総研)からは、カナダの概要紹介からCOVID-19に関する政府の対策を示したうえで、カルガリー生協の取組みとCalgary Co-op Caresの活動が示された。

 小塚和行(元生協総研)からは、協同組合・相互扶助の保険組織の特徴を示したうえで、COVID-19への取組みについてシンガポール、アルゼンチン、カナダ、南アフリカ、インド、レバノンからの事例が紹介された。

 質疑ではウェビナー参加者のQ&Aを活用した幾つかの質問が出され、特に天野氏と姜氏を中心に懇切な回答がなされた。通信環境が不安定になり、一時聞こえなくなる状況も発生したが、大きな混乱はなく閉会した。