• 生協総研のミッション&ビジョン
  • 維持会員制度のご案内
  • 生協研究資料データベース
  • 生協総研賞
  • 「生協と社会論」講座
  • ロバアト・オウエン協会

〒102-0085
東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F
TEL:03-5216-6025
FAX:03-5216-6030
ccij@jccu.coop

  • 研究所の概要
  • 研究活動
  • 助成・表彰事業
  • 刊行物情報

刊行物情報

刊行物の購入方法

『生活協同組合研究』『生協総研レポート』など、各種刊行物の購入についてはこちらをご覧下さい。

生活協同組合研究

7月号 Vol.498
特集:CSV(共有価値の創造)は有効な戦略となりえるか ─生協の今後の事業展開を考える─

 本特集のテーマは「CSV は有効な戦略となりえるか」である。CSV とはCreating Shared Value の略であり,「共有価値(あるいは共通価値)の創造」と訳される。この概念は,企業の競争戦略論の第一人者であるハーバード大学ビジネススクールのマイケル・E・ポーター教授とマーク・R・クラマー研究員が,2011年に発表した論文“Creating Shared Value”(邦題『共通価値の戦略』)で提唱されたことをきっかけに広く知られるようになった。続きはこちら»

(中村 由香)

主な執筆者:岡田正大,森 摂,横田浩一,上木原弘修,荻野亮吾,永井恒男,上野聡太,中村由香

バックナンバー

生協総研レポート

No.84 ミグロとコープ・スイス―スイスの二大生協比較

 スイスは世界の消費協同組合(生協)にあって最強といえる「コープ・スイス」と「ミグロ」、両者が長年にわたり対峙し、しのぎを削っていることは知られています。そしてそれは、折にふれて『生活協同組合研究』や『生協運営資料』、さらに各国の生協を紹介する刊行物などで報告がなされてきました。ただ今回のように、一冊まるごとスイスの生協に関してまとめたのは初めての試みとなります。

詳しくはこちら

バックナンバー

その他の刊行物:報告書、単行本

新刊のご案内
過去の単行本・報告書はこちら