• 生協総研のミッション&ビジョン
  • 維持会員制度のご案内
  • 生協総研賞
  • 生協研究資料データベース
  • ロバアト・オウエン協会
  • 「生協社会論」講座

〒102-0085
東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F
TEL:03-5216-6025
FAX:03-5216-6030
ccij@jccu.coop

  • 研究所の概要
  • 研究活動
  • 助成・表彰事業
  • 刊行物情報

刊行物情報

生活協同組合研究

5月号 Vol.484
特集 : 食生活からの健康づくり ─ 生協ならではの提案とは

 厚生労働省の「健康意識に関する調査」1)によれば,現在の幸福感を判断する際に重視する事項として,一番多くの人が挙げたのは「健康状況」(54.6%)で,「家計の状況(所得・消費)」(47.2%)や「家族関係」(46.8%)をも凌しのいでいる。さらに,健康について気をつけていることの最多は「食事・栄養に気を配っている」(69.2%)。他方,健康のために特に何も行っていない人に理由を問うと,19.8%が「何をどのようにやったらよいかわからない」とし,「忙しくて時間がない」(16.2%)などの他の理由を上回った。続きはこちら»

(松田 千恵)

主な執筆者:佐々木敏,稲山貴代,村下公一,安東克之,松田千恵,染谷忠彦,江本 淳,佐藤孝一

バックナンバー

生協総研レポート

No.80 エンパワメントにつながる子育て支援労働を考える
~子育て支援の活動形態や働き方に関する調査最終報告書~ 子育て期エンパワメント研究会報告

 本レポートは、生協総合研究所に2010年に設置された「子育て期女性のエンパワメント研究会」の研究成果をまとめたものです。この研究会では、2012年11月から2013年3月にかけて子育て支援活動に携わる人々の現状を明らかにすることを目的とした質問紙調査を実施しました。この調査では子育て支援者の労働時間、賃金、意識、子育て支援以外の兼業の状況などについてたずねています。この調査の分析を通じて、8人の論者がそれぞれ現在の子育て支援者が直面する課題と、今後どのようなエンパワメントが必要かについて提起しています。

詳しくはこちら

バックナンバー

その他の刊行物:報告書、単行本

新刊のご案内
過去の単行本・報告書はこちら