• 生協総研のミッション&ビジョン
  • 維持会員制度のご案内
  • 生協研究資料データベース
  • 生協総研賞
  • 「生協と社会論」講座
  • ロバアト・オウエン協会

〒102-0085
東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F
TEL:03-5216-6025
FAX:03-5216-6030
ccij@jccu.coop

  • 研究所の概要
  • 研究活動
  • 助成・表彰事業
  • 刊行物情報

刊行物情報

刊行物の購入方法

『生活協同組合研究』『生協総研レポート』など、各種刊行物の購入についてはこちらをご覧下さい。

生活協同組合研究

7月号 Vol. 510
特集 : フードバンク

 約半世紀前のアメリカから始まったとされる「フードバンク」――直訳すると「食料銀行」――は、かつて総中流社会や飽食といわれる日本では関係なさそうにみえた。しかし、2002年に東京で「セカンドハーベスト・ジャパン」が設立され、さらに大原悦子氏が2008年に『フードバンクという挑戦 貧困と飽食のあいだで』(岩波書店、2016年に岩波現代文庫として文庫化)を刊行し、テレビ東京の番組「ガイアの夜明け」に取り上げられた一連の動向の中で、日本でも食品が日常的に廃棄される一方、食べることに事欠く人々の存在を少しずつではあるが一般に認識させることとなった。そしてこの豊かさ(廃棄ロス)と欠乏という矛盾した状況は、ますます今日的な課題となってきている。
続きはこちら»

(鈴木 岳)

主な執筆者:日詰一幸、大原悦子、小林富雄、松本 亨、中村礼子、後藤陽一、重田 隆、佐藤孝一

バックナンバー

生協総研レポート

No.87 海外の協同組合法制度の動向と日本への示唆
―協同組合法制度研究会2016年度-2017年度の成果まとめ―

 生協総研の「協同組合法制度研究会」において、2016年~2017年の2年間で報告された成果をまとめた内容です。既刊の「各種協同組合の法制度改革の課題―協同組合法制度研究会2014年度-2015年度の成果まとめ」『生協総研レポート』No.79、2016年、に続くものとなります。どうぞご活用ください。

詳しくはこちら

バックナンバー

その他の刊行物:報告書、単行本

新刊のご案内
過去の単行本・報告書はこちら