• 生協総研のミッション&ビジョン
  • 維持会員制度のご案内
  • 生協研究資料データベース
  • 生協総研賞
  • 「生協と社会論」講座
  • ロバアト・オウエン協会

〒102-0085
東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F
TEL:03-5216-6025
FAX:03-5216-6030
ccij@jccu.coop

  • 研究所の概要
  • 研究活動
  • 助成・表彰事業
  • 刊行物情報

ロバアト・オウエン協会

過去の研究集会

第156回  2015年12月19日

アリスメンディアリエタ生誕100周年に寄せて

  • 第1部 若手研究員によるアリスメンディアリエタの略年表説明
    齊藤真悟 氏
    熊倉ゆりえ 会員
    石澤香哉子 会員
  • 第2部 アリスメンディアリエタとその周辺を再考する
    長岡顕 氏
    中川雄一郎 会長
    ノイズ・マット 会員
    石塚秀雄 会員

第155回  2015年10月17日

CIRIEC<国際公共経済学会>の研究状況をめぐって
 ~研究会議(於ポルトガル・リスボン)参加者を中心に~

  • 座長・富沢賢治 会員
    「座長解題 ~協同組合評価をめぐる国際的動向」
  • 石澤香哉子 会員
    「学会で学んだこととポルトガルの社会的経済の状況」
  • 熊倉ゆりえ 会員
    「第5回CIRIEC国際研究大会参加報告と日本協同組合研究の海外発信にかかる課題」
  • マット・ノイズ 会員
    「労働者協同組合の失敗の意味:2015年のCIRIEC大会におけるスペインのファゴール家電の倒産に関しての議論」
  • 鈴木岳 会員
    「CIRIECの歴史的変遷をめぐって」

第154回  2015年6月27日

  • 岩垂 弘 会員 「変貌するキューバ――対米交渉開始と経済改革をきっかけに」
  • 結城剛志 会員 「アベノミクスを基礎理論から問い直す」

第153回  2015年3月28日

  • シンポジウム 「ソウルGSEFの成果と課題」
  • 丸山茂樹 会員 「韓国ソウルにおけるGSEFの概況の紹介」
  • Ⅰ部
     熊倉ゆりえ 会員 「社会的連帯経済のグローバルな発展を支える組織基盤とは?」
     玉木信博 氏 「GSEF2014に参加して」
     鈴木岳 会員 「ソウル2014 GSEFのひとこま 追補:4生協店舗の訪問」
  • Ⅱ部
     富沢賢治 会員 「社会的経済の歴史におけるグローバル社会的経済フォーラムの位置」
     森田邦彦 会員 「『ソウル宣言』を読んで、感じた二つの疑問」

第152回 2014年12月13日

  • 松岡公明 氏
    「農業・農協の真の改革をどうすすめていくか・・・『未来への責任』と地域再生」
  • 白石正彦 会員
    「食料・農業・農村政策と協同組合特性発揮の農協の課題」

第151回 2014年9月20日

  • ビデオ映写
    「キューバを見る聞く知る8日間ツアー」
  • 岩垂 弘 会員
    「なお続く社会主義への模索―キューバ最新事情」
  • 森田 邦彦 会員
    「ラウルカストロ キューバ国家評議会議長あての提言
     ―中間技術と協同組合の活用について」

第150回  2014年6月14日

  • 「若い世代がオウエンを読んで気づいたこと」
    【話題提供】熊倉ゆりえ会員、石澤香哉子会員、横山 勝会員
    【コメント】土方直史会員、丸山茂樹会員
  • 「我々がオウエンから学んだものは何か」
    【座長・話題提供】中川雄一郎会長
    【話題提供】丸山武志会員、白井 厚会員
    【コメント】鎌田武治会員、岡本好廣会員、岩垂 弘会員

第149回 2014年3月19日

  • 志波 早苗 会員
    「相談から考える生協組合員のくらしと貧困」
  • 高橋 均 氏
    「戦後労働運動と労働者自主福祉運動(労働金庫・全労済)の過去・現在・未来」

第148回 2013年12月7日

  • 小野 一 会員
    「ドイツ政治の現在と脱原発社会 ~フクシマ以降に一政治学者が考えたこと」
  • 石塚 秀雄 会員
    「モンドラゴン最新情報」

第147回 2013年9月17日

  • 岡本 好廣 会員
    「カール・ポラニーとロバアト・オウエン」
  • 堀越 芳昭 会員
    「協同組合セクター論の今日的展開」

第146回 2013年6月22日

  • 吉田 明弘会員
    「現代のロバアト・オウエンを探して-児童福祉施設・少年院退所児の雇用問題-」
  • 白井 厚会員
    「大学における戦没者追悼を考える」

第145回 2013年3月28日

創生期の大学生協運動とその後の展開 -1950~1960年代にかけて-

  • 岩垂 弘 会員
    「1950年代、60年代の政治動向と社会状況」
  • 岡本好廣 会員
    「その当時の学生生活と生協の果たした役割」
  • 齋藤嘉璋 会員
    「それ以後の大学生協の発展と地域生協作り」

第144回 2012年12月15日

  • 井上 史会員
    「『大学の協同を紡ぐ』を編集して―京都の大学生協史編纂委員会の6年」
  • 鎌田 武冶会員
    「トンプソン『富の分配の諸原理』とオウエン」

第143回 2012年9月15日

  • 結城剛志会員
    「スウェーデンの協同組合の反独占運動」
  • 中川雄一郎会長
    「明治大学所蔵のロバアト・オウエン文献の紹介」

第142回 2012年6月23日

  • 鈴木 岳会員
    「両大戦間における国際協同組合と社会主義、平和、女性をめぐって」
  • 中川雄一郎会長
    「協同組合テキスト『協同組合を学ぶ』について」

第141回 2012年3月30日

  • 栗本 昭 会員
    「1929年大恐慌とアメリカ・カナダの協同組合の対応」
  • 津田直則 会員
    「労働者自主管理と連帯社会への展望-旧ユーゴスラヴィア、モンドラゴン、イタリアから学ぶ-」

第140回 2011年12月17日

  • 井内 智子 氏
    「関東大震災と消費組合」
  • 岩垂 弘 会員
    「協同組合と反核平和運動」

第139回 2011年9月14日

  • 斎藤嘉璋 会員
    「戦争体制崩壊と協同組合運動の再建:日本協同組合同盟結成の過程と再建協同組合運動の特質」
  • 丸山茂樹 会員
    「新しい社会運動と生協運動」

第138回 2011年6月18日

  • 相馬健次 会員
    「戦争体制・ファシズムと協同組合理論の変質:村山重忠・本位田祥男・賀川豊彦の場合」
  • 炭本昌哉 会員
    「時代の転換の中の協同組合と協同組合金融:共益中心から公益中心へ」

第137回 2011年4月19日

  • 中川 雄一郎 会長
    「キリスト教社会主義と利潤分配論争」
  • 大津 荘一 氏
    「イタリアのファシズムと協同組合」

第136回 2010年12月11日

  • 栗本 昭 会員
    「2012年国際協同組合年にむけて」
  • 金 享美 氏
    「日本植民地時代の韓国における自主的協同組合運動」

第135回 2010年10月9日

  • 飛矢﨑 雅也 会員
    「「帝国」へのオールタナティヴ-大杉榮の「帝国」批判」
  • 丸山 武志 会員
    「アメリカの電気も車もないアーミッシュ社会」

第134回 2010年6月19日

  • 中川 雄一郎 会長
    「いま,レイドロー報告・新協同組合原則を取りあげる意義とは」
  • 白石 正彦 会員
    「新協同組合原則を今日的に解釈する」
  • 丸山 茂樹 会員
    「レイドロー報告は日本でいかに実践されたか?またはされなかったか?」

第133回 2010年3月27日

  • 石塚 幸太郎 会員
    「アメリカにおける目的共同体設立運動の現在」
  • 吉田 賢一 会員(副会長)
    「金融危機の諸様相と金融政策―今時世界同時不況とのかかわりから―」

第132回 2009年12月5日

  • 出淵 敬子 氏
    「女性の平和運動-WILPFの活動をめぐって-」
  • 篠原 洋治 氏
    「フーリエのユートピアのトポス」

第131回 2009年9月19日

  • 大津 荘一 氏(日本生協連国際部)
    「イタリア生協の構造改革の歴史とイバーノ・バルベリーニ」
  • 安井 俊一(ロバアト・オウエン協会会員)
    「J.S.ミルの社会主義論の一考察-実践の論理から『経済学原理』第3版の改訂を読む」

第130回 2009年6月13日

  • 映画「死線を越えて」のDVDでの鑑賞
  • 加山 久夫 氏
    「賀川献身100年プロジェクトと『友愛の経済学』」

第129回 2009年3月21日

  • 海上(うなかみ)知明氏
    「環境思想とは何かーその系譜と体系ー」
  • 先崎(まっさき)千尋氏
    「農協に明日はあるか」

第128回 2008年12月20日

  • 野原 一仁 / 十河 英侑
    「わたしの見たニューラナーク」
  • 土方 直史
    「ニューラナークでの報告より」

第127回 2008年6月14日

  • 石塚 秀雄
    「フランス金融連帯のネットワーク」
  • 白井 厚
    「12月8日問題と大学の戦没者名簿」

第126回 2008年3月15日

  • 川上 恵江 氏
    「グラムシの歴史主義と未来社会像」
  • 武田 久義
    「保険・共済の基本原理」

第125回 2007年12月8日

  • 小野 一
    「現代ベーシック・インカム論の系譜とドイツ政治~ウトポス研究会での議論をふまえて」
  • 高田 実
    「イギリス近代史における個と共同性-自由主義と相互扶助-」

第124回 2007年9月22日

  • 玄幡 まみ
    「雇用における年齢差別を考える」
  • 中川 雄一郎
    「オウエン協会と私」

第123回 2007年6月9日

  • 小松 善雄
    「オウエンとマルクスの協同社会主義」

第122回 2007年3月17日

  • 江端 公典
    「日本近現代史のなかの平和論--内村鑑三・矢内原忠雄・南原繁の場合--」
  • 横山 勝
    「家庭裁判所の調停,審判に関わって」

第121回 2006年12月16日

  • 十河 英侑
    「ロッチデール組合の現実主義化とその要因」
  • 鎌田 武治
    「William Thompsonの社会科学(social science)政治経済学(political economy)批判について」

第120回 2006年9月16日

  • 栗田 健一(北海道大学大学院)
    「コミュニティガバナンスの近年の研究動向と展望について」
  • 都築 忠七(ロバアト・オウエン協会会長)
    「2006年6月のカナダの平和と協同組合についての国際研究会議の模様について」

第119回 2006年6月10日

  • 鈴木 岳(生協総合研究所)
    「あるフランスの協同組合運動から:「サン・クロード」と協同組合取引所」
  • 杉本 貴志(関西大学)
    「イギリス「協同」の足跡」

第118回 2006年3月18日

  • 岩垂 弘
    「憲法改正を阻止しよう―9条を守る運動の現状―」
  • 大河内 暁男
    「オウエン経営構想の末裔たち」

第117回 2005年12月17日

  • 石塚 秀雄
    「E.ムーニエ再考、協同と連帯の思想」
  • 富沢 賢治
    「社会的企業の理念と現実」

第116回 2005年9月10日

  • 藤岡 武義(日本生協連常勤参与)
    「日本の生協2010年ビジョン」
  • 田中 夏子(都留文科大学)
    「EUにおける『社会的排除との闘い』とイタリアの社会的協同組合の展開――特に、市場に対する『再規制』機能に着目して――」

第115回 2005年6月18日

  • 越村 勲(東京造形大学)
    「ユーゴスラヴィアの崩壊から考える」
  • 伊藤 セツ 氏(昭和女子大学)
    「クラーラ・ツェトキーン初期女性解放思想の形成」

第114回 2005年3月19日

  • 結城 剛志(東京大学大学院)
    「アメリカにおける労働証券論の一展開―ロバート・オウエンとジョサイア・ウォレン―」
  • グレゴリー・クレイズ(Royal Holloway University of London)
    “Socialized Individuality? A Re-Assessment of the Sources and Classification of William Morris’s Socialism”

第113回 2004年12月18日

  • 飛矢崎 雅也
    「大杉榮における自由と創造―「明治社会主義」克服と「社会的個人主義」を巡る一考察―」
  • 高草木 光一
    「「アソシアシオン」概念をどう捉えるか」

第112回 2004年9月25日

  • 大嶋 茂男(永続経済研究所)
    「持続不可能な現代資本主義社会とそれを変革する経済基盤及び主体の形成」
  • 岩垂 弘(平和・協同ジャーナリスト基金)
    「生協の平和運動―その興隆から現況まで―」

第111回 2004年6月19日

  • 堀越 芳昭(山梨学院大学)
    「協同組合の哲学を考える」

第110回 2004年3月13日

  • 土方 直史(中央大学)
    「映像で見る世界遺産-New Lanark―, Lorna Davidson “Robert Owen’s Concept of an Ideal Community”の紹介」
  • 白石 正彦(東京農業大学)
    「新協同組合原則をふまえた農協・生協の展開方向」

第109回 2003年12月20日

  • 西沢 保(一橋大学)
    「アルフレッド・マーシャルと労働問題,協同組合」
  • 今井 けい(大東文化大学)
    「第2派フェミニズムと女性労働―イギリスの場合―」

第108回 2003年9月22日

  • グレゴリー・クレイズ 氏(Royal Holloway University of London)
    「The Revival of Robert Owen: Recreating a VictorianReputation,1870-1910」

第107回 2003年6月15日

  • 白井 堯子(千葉県立衛生短期大学)
    「福澤諭吉は宗教の大敵か-英国の資料をもとに考える」
  • 小松 隆二(東北公益文科大学)
    「経営者たちの夢みた『ユートピア』と公益」

第106回 2003年3月15日

  • 結城 剛志(東京大学大学院)
    「マルクスによる労働貨幣批判の再検討」
  • 白井 厚(帝京平成大学)
    「創立100年を迎える最古の慶応義塾消費組合」

第105回 2002年12月14日

  • 北原 朗(長野県農協大学校)
    「協同組合教育の今日的意義」
  • 津田 直則(桃山学院大学)
    「コープこうべ総合評価―協同組合価値の計測と参加のしくみ」

第104回 2002年10月19日

  • 真壁 広道(神奈川県立舞岡高校)
    「歴史家とディッセント:A.J.P.テイラーの見方」
  • 本間 宏之
    「『キューバ経済史』を読んで」

第103回 2002年6月15日

  • 賀川 純基 氏
    「賀川豊彦の思想と活動――その背景を考える――」
  • 丸山 武志 氏(大分大学)
    「地域通貨とオウエンの労働証券」

第102回 2002年3月16日

  • 丸山 茂樹(生活クラブ生協連合会)
    「韓国における新しい市民運動の展開と協同思想」
  • 相馬 健次
    「戦後日本生活協同組合論史の歴史像」

第101回 2001年12月15日

  • 岡本 好廣(日本生協連)
    「近隣諸国に対する日本の戦争責任」
  • 塩田 長英(明海大学)
    「憲法社会学の考え方から-憲法はその社会の実像を写す鏡である」
  • 関西 2002年1月12日
    「“いまどきの若者”と非営利・協同――大学生たちからのメッセージ」

第1回~第100回研究集会はこちら