• 生協総研のミッション&ビジョン
  • 維持会員制度のご案内
  • 生協研究資料データベース
  • 調査データ
  • 生協総研賞
  • 「生協と社会論」講座
  • BDHQ_Webシステム
  • ロバアト・オウエン協会

〒102-0085
東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F
TEL:03-5216-6025
FAX:03-5216-6030
ccij@jccu.coop

  • 研究所の概要
  • 研究活動
  • 助成・表彰事業
  • 刊行物情報

刊行物情報

生活協同組合研究バックナンバー一覧

2009年度

2010年3月号(Vol.410)
■巻頭言
「産直」の波及力──食料運動としての産直 大木 茂
■特集  今日の経済社会と大内学/経済・くらしの危機と生協の役割
大内力先生と農村社会学・生協 蓮見音彦
大内経済学と今日の経済・社会 神野直彦
大内先生と農業・農政 生源寺眞一
進行する3つの危機にどのように対応するのか
──パネル・ディスカッションの問題意識と論点──
芳賀唯史
人材を育て,危機に対応する経営改革を──みやぎ生協── 齋藤昭子
すそ野を広げ,ふだんのくらしに貢献できる生協に
──コープネット事業連合──
赤松 光
経済危機・経営危機の今こそ,理念再確認のとき
──パルシステム連合会──
若森資朗
■研究と調査
戦前における生協の展開と研究動向 井内智子
■協同の実践
過疎地にも根ざした店舗づくり──コープさっぽろ「あかびら店」── 西村一郎
■海外のくらしと協同No.9
米国地産地消運動の一展開──ウィスコンシン州マディソン郡のCSA── デボラ・シュタインホフ
(翻訳:林薫平)
■文献紹介
宇沢弘文・内橋克人著『始まっている未来』 西村一郎
研究所日誌
2010年2月号(Vol.409)
■巻頭言
資本とは何か 小栗崇資
■特集  これからのCO・OP共済
共済らしさを考える 岡田 太
■特集  これからのCO・OP共済
CO・OP共済のさらなる飛躍めざして──「共済中計2012」の検討にあたって── 田井修司
保障の見直し活動からライフプランニング活動へ
──活動のあゆみと今後の方向性──
並木静香
■特集  これからのCO・OP共済
生活者のプロづくり── ‘生協マイスター’ 制度設立を目指して── 高浦美穂
2009年ICMIF総会の開催とサステナビリティ・レポート 中村浩子
■研究と調査
共済(生協共済)に関連する文献レビュー 鈴木 岳
■協同の実践
森林と都市のかけはし──樹恩割り箸── 西村一郎
■海外のくらしと協同No.8
カナダで班は成功するのか?──日本とカナダの医療生協の相互交流── 北嶋信雅
■文献紹介
齊藤正・自治体問題研究所編『地域経済を支える地域・中小企業金融』 安田原三
研究所日誌
2010年1月号(Vol.408)
■巻頭言
コモンズの知恵 生源寺眞一
■特集  今日の社会・経済における組合員組織の検討課題
生協の連帯組織を見る今日的視点 津田直則
現代社会におけるコミュニティを見る視点 広井良典
委員会組織から新たな組合員組織と活動へ
──コープかながわ第二次「新しい組合員活動と運営の改善」におけるエリア会制度──
小林正明
人と人との関係性を構築する生協づくり─生活クラブ生協・東京の実践── 村上彰一
社会的変化と組合員組織改革
──コープとうきょうの組合員組織改革の到達点と新たな課題に向けて──
河野恵美子
組合員組織の今日的な到達点
──2009年度全国組合員活動実態調査より──
山内 寛
■シリーズ・地域社会と生協の連携(6)
グリーンコープとともに歩む熊本におけるワーカーズ・コレクティブ 宮本京子
山口浩平
■協同の実践
組織率5割の診療所づくり──医療生協かわち野生協楠根診療所── 西村一郎
■海外のくらしと協同No.7
「世界的危機・協同組合の好機」を討議したICAジュネーブ総会 天野晴元
■文献紹介
庄司興吉著『大学改革と大学生協』 山口浩平
研究所日誌
2009年12月号(Vol.407)
■巻頭言
アカウント3の発展と変化 中川雄一郎
■特集  生協組合員のくらしは今―全国調査から見えること
全国組合員意識調査と家族・家計の動向 永井暁子
組合員調査の結果から見るこれからの生協像 川島美保
2009年度全国生協組合員意識調査の概要 高橋怜一
組合員が選択する21世紀型生協のビジネスモデルとは?
──パルシステムの調査研究より──
松下桂子
全国調査からみる子育て期の生協組合員の動向 近本聡子
■研究と調査
生協組合員に関する先行研究の整理 川島美奈子
■協同の実践
産地直結の40年 ──房総食料センター── 西村一郎
■第1回臨時評議員会および第1回臨時理事会での決定事項
研究所日誌
2009年11月号(Vol.406)
■巻頭言
生協総研の公益認定を受けて 石川 廣
■特集  くらしの危機と小売業の展開
経済危機と小売サプライ・チェーン・マネジメント の課題 大石芳裕
小売業における高鮮度商品の国際調達とロジスティクス
──アパレル関連事業を中心にして──
橋本雅隆
マークス&スペンサー社におけるプライベート・ ブランド戦略の史的変遷 戸田裕美子
パルシステムの無店舗産直事業 ──“くらし課題解決”と“価格”への考え方── 髙橋宏通
生活防衛型の新店舗で新たな躍進を ──コープあいづ── 荒井信夫
欧州生協の事業戦略 藤井晴夫
1980年代以降日本生協連の食料農業政策論 林 薫平
■シリーズ・地域社会と生協の連携(5)
子育てしやすい地域づくりを目指して
──県内自治体とちばコープとの協働による子育てひろばの 運営から──
渡辺 寧
加藤雅代
研究所日誌
2009年10月号(Vol.405)
■巻頭言
されど安全・安心 麻生 幸
■特集  21世紀型消費者政策と消費者団体・消費者庁
消費者庁・消費者委員会の設置にみる21世紀型 消費者政策の進展
──その論点と課題──
松本恒雄
「21世紀型消費者政策」における生協の役割 谷みどり
消費者庁創設と消費者団体の課題 阿南 久
消費者団体の国際比較 ──比較の中の日本の消費者団体── 井上拓也
■研究と調査
大学生協論・研究の展開 米澤 旦
■地域社会と生協の連携(4)  
地域社会における「生活の協同」
──パルシステム茨城とNPO法人くらし協同館なかよし──
志波早苗
■協同の実践
地域とつくる介護事業 ──生協ひろしま── 西村一郎
■文献紹介
賀川豊彦『友愛の政治経済学』 鈴木 岳
研究所日誌
2009年9月号(Vol.404)
■巻頭言
持続可能な安心へ 宮本太郎
■特集  くらしと家計を見る視点
―経済・金融危機が進行するなかで考えるくらしの課題―
金融危機と家計 翁 邦雄
家計の変化を踏まえた生活経営方術 重川純子
経済危機のもとで進行する家計の二極化
―貯蓄非保有世帯の増加と家計のリスク認知―
栗林敦子
両大戦間期の家計消費と景気変動 宇都宮浄人
豊かに生きることと家計簿
―家計簿は計画的なくらしとライフプランを考えるためのツール―
土屋雅義
「2008年日本生協連全国生計費調査」の結果から読み取れること 石井智志
■研究と調査
生協の職員労働に関する研究レビュー 山縣宏寿
■協同の実践
いのち育む「まほろばの里」―山形県高畠町の有機農業― 西村一郎
■海外のくらしと協同No.6
韓国のくらしと生協の今 花盛 繁
研究所日誌
2009年8月号(Vol.403)
■巻頭言
今,なぜ賀川豊彦か 野尻武敏
■特集  農産物供給はいま
多様化するフードチェーンと食料産業クラスター 斎藤 修
■特集  農産物供給はいま
曲がり角に立つ卸売市場と,これからの農産物流通 小暮宣文
大都市近郊JAの青果物販売チャネル ──JA富里市の事例より── 森江昌史
組合員の暮らしを支える青果物供給 深澤米男
■研究と調査
日本における男性介護者支援の課題
──「男性介護者と支援者の全国ネットワーク」の取り組みから──
斎藤真緒
労働者福祉研究のレビュー 鈴木 岳
■シリーズ・地域社会と生協の連携(3)
パルシステム東京市民活動助成基金の10年
──「ともに生きる社会」の糸口として──
星野ゆき路
北沢典子
山口浩平
■協同の実践
食における大学や地域とのコラボレーション
──京都大学生協のチャレンジ──
西村一郎
■海外のくらしと協同No.5
米国の食品安全新法 デボラ・シュタインホフ
(林薫平訳)
研究所日誌
2009年7月号(Vol.402)
■理事長就任のご挨拶 生源寺眞一
■理事長職を辞すにあたって 神野直彦
■巻頭言
世界の幼児研究・保育の改革 福川須美
■特集  生協らしいハウジング事業の萌芽
住宅業界の現状と課題 蟹澤宏剛
生活者の求める住まい 全国の地域生協の住まいの事業の発展 上野勝代
全国の地域生協の住まいの事業の発展 「昨日・今日・明日」 磯部伸二
エフコープにおける住宅事業―ハウジング事業の可能性― 井上馨
東海4生協における住宅事業 横山正幸
コープに頼んでよかった住宅事業を―「コープ住まいる」の挑戦― 田中素行
■研究と調査
厳しい家計環境の中での購買動向 内田一樹
■研究資料
協同組合の資本・会計制度研究会中間報告  
■協同の実践
地域だんらんの場づくり―南医療生協「生協のんびり村」― 西村一郎
■海外のくらしと協同No.4
シンガポールのくらしと生協の現状 中村良光
■文献紹介
平山洋介著 『住宅政策のどこが問題か』
財団法人生協総合研究所理事会報告
鈴木岳
研究所日誌
2009年6月号(Vol.401)
■巻頭言
ドイツに暮らして 高橋岩和
■特集  経済危機とくらし
経済危機と生活保障 神野直彦
貧困・低所得に抗するベーシック・インカム戦略
──これからの社会保障を考える──
小沢修司
雇用危機とワークシェアリング 村松文人
ホームレスの人々をめぐる政策と問題 ──東京都を事例として── 山口恵子
急拡大する教育格差 福地 誠
大恐慌下の都市生活と消費組合 井内智子
■シリーズ・地域社会と生協の連携(2)
地域医療・福祉サービスのグループ経営
──庄内まちづくり協同組合「虹」──
木下 斉
■協同の実践
農と自然が育む子どもたち ──ポラン農業小学校── 西村一郎
■海外のくらしと協同 No.3
米国の経済危機と「スローマネー」運動 デボラ・シュタインホフ
(林 薫平訳)
■文献紹介
中谷 巌著『資本主義はなぜ自壊したのか』 鈴木 岳
研究所日誌
2009年5月号(Vol.400)
■巻頭言
失業給付から漏れる失業者 大沢真理
■特集 子どもをめぐる環境変化―経済的視点を中心に―
子どもと子育てのベースとなる生活変化 松村祥子
子どもの金銭教育―幼児期を中心に― 内藤道子
子どもの消費者被害 増田悦子
「子育てひろば」効果および生協での購買状況
―福井県民生協の子育て層と福祉施設をみる―
近本聡子
子どもの遊びから 岩城敏之
■研究と調査
産直と産直論のレビュー(下)―90年代以降の生協産直を中心に― 大木茂
■シリーズ・地域社会と生協の連携(1)
地域社会と生協の連携を考える視点 山口浩平
■海外のくらしと協同No.2
経済不況に際した韓国の生協の取り組み 金亨美
■文献紹介
田中優編著『おカネが変われば世界が変わる:市民が創るNPOバンク』 山口浩平
研究所日誌
2009年4月号(Vol.399)
■巻頭言
自立と自己責任 関 英昭
■特集 日本農業と食料自給率
食料自給率を考える 生源寺 眞一
食の向こう側には農業がある
──いま見直す,当たり前のこと──
中島 紀一
日本の食と食料自給率 ──世界の中で考える── 加倉井 弘
鳴子の米プロジェクト ──地域で農業を支える仕組み── 結城 登美雄
生活クラブの飼料用米プロジェクトの到達点 加藤 好一
■研究と調査
産直と産直論のレビュー(上)
──80年代までの生協産直を中心に──
大木 茂
■シリーズ・わが生協のビジョン35
餃子事件から信頼の再構築へ
──ちばコープ──
熊﨑 伸
■海外のくらしと協同 No.1
大不況下米国における暮らしの変化 デボラ・シュタインホフ
(林 薫平訳)
生協総研賞・講評