• 生協総研のミッション&ビジョン
  • 維持会員制度のご案内
  • 生協研究資料データベース
  • 生協総研賞
  • 「生協社会論」講座
  • ロバアト・オウエン協会

〒102-0085
東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F
TEL:03-5216-6025
FAX:03-5216-6030
ccij@jccu.coop

  • 研究所の概要
  • 研究活動
  • 助成・表彰事業
  • 刊行物情報
  • ホーム
  • 研究活動
  • 公益財団法人生協総合研究所 2012年度第1回公開研究会報告

研究活動

テーマ:「地域福祉への貢献に向けた生協における生活相談を考える
-生活困窮者・多重債務者への相談・貸付事業の調査研究から-」

○ 開催日時
2012年4月13日(金) 13:30~16:00
○ 開催会場
ウインクあいち1002会議室
○ 参加者
97名

プログラムと報告者

報告① 「生協における多重債務・生活困窮者への相談・貸付事業の現状と課題」
重川 純子研究会座長 埼玉大学教授
 
報告② 「相談・貸付事業の新たな展開と被災者支援-岩手県消費者信用生協の取り組み」
上田 正委員 消費者信用生協専務理事

報告③ 「東京での生活サポート事業の取り組み」
村上彰一委員 生活クラブ東京・専務理事、生活サポート基金副理事長

報告④ 「相談事業に生活協同組合が取り組む意義と方向性-コープあいちの経験から-」
向井 忍委員 コープあいち参与

概要

 生協総合研究所は、2010年10月から2011年9月までに11回の研究会と現場訪問を行い、2011年9月その報告をまとめ、日本生協連に提出し、研究会の研究課題に対する結論として、「生協として生活困窮者・多重債務者相談・貸付事業に取り組むことを積極的に検討すべきである」と提案しました。この報告を受け、日本生協連理事会は、2012年1月の理事会で今後の取り組み方向を検討・確認しました。

 生協総研では、今回の研究会の成果を広く会員に共有していただき、会員生協の生活相談機能の充実や貸付事業の研究・検討に着手いただけるようこの公開研究会を3月21日東京会場に続き、4月13日に名古屋で開催しました。

 報告後の質疑応答では、「なぜ生協が貸付事業を行うかといことが大変よく理解できました」「食の安心からくらしの安心安全へ組合員のニーズがシフトしていく中で、新たな事業が期待される背景を知ることができました」など感想が寄せられました。