• 生協総研のミッション&ビジョン
  • 維持会員制度のご案内
  • 生協研究資料データベース
  • 生協総研賞
  • 「生協と社会論」講座
  • ロバアト・オウエン協会

〒102-0085
東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F
TEL:03-5216-6025
FAX:03-5216-6030
ccij@jccu.coop

  • 研究所の概要
  • 研究活動
  • 助成・表彰事業
  • 刊行物情報
  • ホーム
  • 研究活動
  • 公益財団法人生協総合研究所公開研究会 都道府県生協連の果たしてきた役割とその成り立ち/流通誌からみた生協への評価の変遷

研究活動

公益財団法人生協総合研究所公開研究会
都道府県生協連の果たしてきた役割とその成り立ち/流通誌からみた生協への評価の変遷

 本企画は、生協総合研究所から今年1月に刊行された「(第2期)生協論レビュー研究会(下)」『生協総研レポート』No.85の5つの論考のうち、次の2つを取り上げ報告・議論するものです。

 報告①では、これまで学術的な議論がなされてこなかった都道府県レベルでの連合会のあり方について、戦後直後の状況から、1980年代の「県連活動強化」、2003年の「県連のあり方検討会」、今後の「中間支援組織」に関連する議論など、時代を追って包括的に論じるものです。

 報告②では、生協が急速に各地で伸張した1980年頃から、生協は他の小売業者のみならずチェーンストアーからも警戒と関心を持たれてきたことの変遷について、流通有力誌の折々の記事から時代ごと整理して論じるものです。

 どちらも、過去からの経緯に目配りをしつつ、最新の状況まで向きあっております。是非、ご参加ください。

日 時:
2018年4月27 日(金)13:00~16:00
場 所:
四ツ谷・プラザエフ5階会議室(地図
共 催:
一般財団法人地域生活研究所
参加費:
生協総研の会員(団体会員の役職員を含む)および地域生活研究所関係各位 無料
一般 1,000円

● プログラム ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

報告①
「生協の都道府県連のあり方をめぐって-『市民社会の中間支援組織』の方へ-」
三浦 一浩(一般財団法人地域生活研究所 研究員)
報告②
「有力流通情報誌上で生協は折々どのように取り上げられてきたか」
鈴木 岳(公益財団法人生協総合研究所 研究員)

コメントと質疑応答

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

お問合せ

公益財団法人 生協総合研究所 担当【 豊嶋里泉・中村範子 】
 〒102-0085
 東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F
 TEL : 03-5216-6025 FAX : 03-5216-6030  E-mail:ccij@jccu.coop

お申込み

 申込書に必要事項をご記入の上、FAXまたはEメールにてお申込みください。なおEメールでお申込の場合は、件名に「4月27日開催公開研申込み」と入れて下さい。

 【ご案内】(PDF 663KB)
 【申込書】(Excel 19KB) ※Excelファイルが直接開けない場合は、保存の上ご利用をお願いいたします。